ga('set', 'dimension1', dimensionValue);
2018年11月30日
【コラム】パーソナルジムで求められるトレーナーの人物像

近年、日本ではテレビの影響によりパーソナルトレーナーになりたい、パーソナルトレーナーを目指している方や、

転職しようと考えている方は多いですよね!

 

しかし、実際パーソナルトレーナー求人は多く目にしますが、パーソナルジムへの転職はどのようなもので、

どのような方を求めているのかとわからないことだらけではないですか?

 

そこで、今回はパーソナルジムで実際どのような方を求めているのかを解説していきたいと思います。

パーソナルトレーナーはコミュニケーションスキルがあるのが大前提!

パーソナルトレーナーはパーソナルジムを訪れるお客さんとのコミュニケーションを大事するお仕事です!

トレーニングメニューを作成するにも、トレーニング指導をするにも、アフターケアーをするにもすべて

「お客さんとのコミュニケーション」から始まります。

 

さらに、お客さんがいかにトレーニングに励み、継続できるか、ということもパーソナルトレーナーとしての

腕の見せ所にもなります。

トレーニングは辛いと感じる方も多いため、お客さんとしっかりとコミュニケーションをとり、

楽しくやる気が出るようモチベーションを上げることもパーソナルトレーナーとしての重要な指導になります。

 

このように、「人とコミュニケーションをとることが好き」ということはどのパーソナルジムでも共通して

求められている人物像になります!

 

コミュニケーションスキル以外の求められる人物像!

もちろん「コミュニケーションスキルがある」ことを大前提としていますが、コミュニケーションスキル以外にも

それぞれのパーソナルジムでは求める人物像は異なっています。

そのため、転職したい企業が求めている人物像をしっかりと把握したうえで、転職活動を行う必要があります。

 

大手パーソナルジム3社の求める人物像を簡単に紹介していきます!

《パーソナルジムA社の求める人物像》

・「お客さんを笑顔にしたい」という熱意のある方

・人を喜ばすことが好きな方

・体を動かすことが好きな方

 

このパーソナルジムA社が重要視しているのがこの「お客さんが第一」という精神です。どのようなことをすれば、

お客さんを笑顔にできるのか、喜んでもらえるのか、ということを1番に考えながら行動ができる方を

パーソナルトレーナーとして求めている傾向があります。

《パーソナルジムB社の求める人物像》

・自分で考え、主体的に行動できる方

・何事に対しても向上心が高い方

・新しいことにどんどん進んで挑戦する意欲がある方

・新しいことを吸収したいという意欲がある方

・与えられた役割を一生懸命全うしようとする方

 

パーソナルジムB社ではもちろん「お客さんが第一」という精神はありますが、それ以上に自分から行動できる方や

どんどん新しいことに挑戦する意欲のある方など「自主性」や「向上心」を1番重要視していることがわかりますね。

《パーソナルジムC社の求める人物像》

・自らが美しくなる為の努力を惜しまない方

・「お客さんが綺麗になりたい」という気持ちに深く共感できる方

・目標に向かい、笑顔で前向きに諦めずに取り組める方

・お客さんの話を丁寧に汲み取る事が出来る方

 

パーソナルジムC社は女性専用パーソナルジムということもあり、A社とB社とは少し求める人物像は異なります。

C社は自らも「美しくなる」ことを忘れず、常にお客さんと一緒にトレーニングに励み、お客さんの気持ちに寄り添う

気持ちを大事にしている方をパーソナルトレーナーとして求めています。

 

まとめ

このように同じ業種でもあるパーソナルジム3社を比較してみても、それぞれのパーソナルジムによって

パーソナルトレーナーとして求めている人物像が大きく異なるのがわかりますね!

企業によって重要視している点が異なるため、パーソナルトレーナーの求人を確認するときは合わせて

企業の採用ページや募集要項を確認するのも良いでしょう。そうすることで、パーソナルトレーナーへ転職を

考える際にはどのような方を求めているのか、パーソナルトレーナーとしての必要なスキルはどのようなものなのかを

事前にしっかりと把握できます。把握したうえで、パーソナルトレーナーの採用面接に臨むと、よりトレーナーとして

採用される可能性が高まります!

 

スポーツ求人ナビでは、数多くのインストラクターやパーソナルトレーナー求人を取り扱っており、

今までにもフィットネスに詳しい専門スタッフが多くの求職者をパーソナルトレーナーになるため

サポートしてきました。

私たちと一緒に憧れのパーソナルトレーナーを目指しませんか?

【関連コラムはこちら】

スポーツ・フィットネス業界の採用

「弱み」はパーソナルトレーナーになるための最強の武器!

パーソナルトレーナーになるためのチャンスを逃す逆質問!