ga('set', 'dimension1', dimensionValue);
2017年10月6日
【コラム】スポーツインストラクターとスポーツトレーナーの違い

前の記事でスポーツトレーナーについてご紹介しました。
しかし、スポーツインストラクターとは何が違うの?
という声をよく聞きます。

そのため違いがよく分かるようにまとめてみました。
お仕事選びの参考になれば幸いです。

 

 

それぞれの特徴は?

どちらも「スポーツに関わる人をサポートする」
という点は同じでも、具体的役割は大きく異なります。

まず、スポーツインストラクターは、
スポーツの分野における技術指導や知識面での指導を行う専門家です。
健康維持やダイエット等のために、
その人に合わせたメニューを作成し、目標達成までのサポートを行います。

そしてそれらメニューは、相手の年齢や健康状態、
目的などに応じて科学的根拠をもとに作成されます。

スポーツインストラクターの主な就職先としては、
スポーツジムやフィットネスクラブ、エアロビクススタジオ、
障がい者福祉施設などです。

一方スポーツトレーナーは、
選手が最適なコンディションで最大のパフォーマンスを発揮できるよう、
選手の体づくりとスキルアップをサポートする専門家です。

主に、スポーツに関わる人の健康や体調の管理、
試合で最大限のパフォーマンスを発揮するための
トレーニングメニューの作成や指導を行います。

またそれだけではなく、日頃の栄養指導やメンタルケア、
ケガなどをした利用者の応急処置やリハビリなど幅広い仕事があります。

それゆえ主な就職先も、スポーツクラブやスポーツジムなどはもちろん、
実業団のスポーツチームやジュニアスポーツチーム、
プロスポーツチームなども採用の可能性があります。

つまり、一言でいうと前者は技術指導、
後者は選手のケアが仕事です。

そのため、それぞれヨガインストラクターのように種目、
メディカルトレーナーのように担当分野で仕事が分けられています。

 

どっちがオススメ?

資格に関して言うと、
スポーツインストラクターの資格は主に民間資格で、
必ずしも取得していなくてはいけないという訳ではありません。

ただ、一緒にプレーしながら技術指導を行うので、
受講生より高いスキルが求められます。
そのため基本的にスポーツ経験が必要とされます。

スポーツトレーナーの場合は、
選手のケアを行うのが仕事なので、
医療系の資格を所有している人が多いのが特徴です。

特に、プロのアスリートをサポートする場合は、
柔道整復師のような信頼性の高い国家資格を所有しておくと
大きな武器となります。

できる仕事の幅の観点では、
スポーツトレーナーの資格を取得してから、
インストラクターも含めた仕事を行うことがお勧めです。

なぜなら、人件費削減のため、
民間のスポーツジムでは複数の業務をこなせる人材を採用しています。

また、少子高齢化の流れから、
リハビリの需要も増加しつつあります。
そのため、健康や体調管理のアドバイスと指導ができる
人材の活躍の場が広がっていくでしょう。

 

【関連コラムはこちら】

スポーツトレーナーの仕事について

スポーツインストラクターの仕事

監督・コーチの仕事

アスレティックトレーナーの仕事について

 

【スポーツのお仕事をお探しの方、お気軽にご相談ください!】
ご相談事項入力フォーム
https://lp.inthezone.co.jp/#mail_form

お電話によるお問い合わせ
℡ 03-5614-0260