ga('set', 'dimension1', dimensionValue);
2019年02月8日
【コラム】女性の活躍が期待されるパーソナルトレーナー

近年では、「女性専用」のパーソナルジムやヨガスタジオ、キックボクササイズジムなど
続々オープンしています。
女性はダイエットやボディメイクを目的として、フィットネスクラブやスポーツジム、
パーソナルジムなどに通いますが、もともと女性は多かれ少なかれ自分にコンプレックスなどを
抱いているので、同じ施設で男性がトレーニングしていると、気にしながらトレーニングしている女性が
多いかと思います。
そのため、男性の目を気にせずトレーニングに励めるように、女性専用の様々なジムが多くなってきています。
その女性専用のジムではパーソナルトレーナーも女性を採用していることが多い傾向にあります。

活躍の場が広がる女性のパーソナルトレーナー

女性専用のパーソナルジムに通っている方は、男性の目が気になる、
男性がいるとトレーニングに集中できないなどという理由で、あえて女性専用のジムを
選んで通っています。
そのため、担当してもらうパーソナルトレーナーも女性を希望する方が非常に多くなってきている
傾向にあり、積極的に女性のパーソナルトレーナーを採用しているジムが多くなっています。

女性のパーソナルトレーナーが求められる理由

女性のパーソナルトレーナーが求められ、選ばれる理由として、メリットがたくさんあります。

その①女性だからこそ、気持ちに寄り添える

女性のパーソナルトレーナーなので、同性ということもあり、他人には相談しにくい健康や身体に
ついての悩みに関して理解ができ、気持ちにそっと寄り添いながらトレーニングを行うことができます。

さらに、より信頼関係を築きやすく、カウンセリングの際にも心を開きやすく、スムーズにトレーニングが
進められるというメリットがあります。
女性だからこそ、些細な変化にも気づくことができ、女性ならではの気遣いや親身に寄り添うことが
できるのは大きなメリットですね。

その②女性のパーソナルトレーナーの方が美容と健康への関心が強い

女性は常に美容や健康に関して、興味関心が強く日々自分なりの努力を惜しんでいません。
そのため、男性に比べると美容と健康に関する関心度合いがはるかに違います。
そして、パーソナルトレーナーとして活躍している女性を憧れの存在や目標として、
トレーニングのモチベーションにすることができます。
モチベーションはトレーニングを継続させるためには非常に重要な要素になります。
そのため、パーソナルトレーナー自身も美容と健康に気を使い、常に努力が必要になりますね。

女性のパーソナルトレーナーとして活躍するには?

男性の多いのがスポーツ・フィットネス業界でもあり、特にパーソナルジム界では圧倒的に
男性のトレーナーの方が多い傾向にあります。
男性の多いパーソナルトレーナー界で女性のパーソナルトレーナーとして活躍していくには
大きく3つの特徴があります。

①経験やトレーニング知識

まず一つ目は、経験やトレーニング知識です。
ダイエット目的やボディメイク目的でパーソナルジムに通う女性は本気で自分の変化を求めて通っています。
そのため、女性のパーソナルトレーナーにも男性パーソナルトレーナーと同じトレーニング指導を
求めています。

②接客態度

また、トレーニング中にも笑顔を絶やすことなく、接客態度が非常に重要になります。
パーソナルトレーナーは1対1でトレーニングすることが多く、常に接客態度がお客さんにチェックされています。

③コミュニケーションスキル

最後に、女性特有の優しく話しやすい環境や雰囲気作りを心がけることや、コミュニケーションスキルを高めることです。
パーソナルトレーナーはお客さんの数でレッスンの数が決まります。
このレッスン数が人気の証になるということですね!

まとめ

パーソナルジム界は空前のブームになっており、さらに女性専用のジムが次々にオープンしています。
それに伴い、女性のパーソナルトレーナーを積極的に採用しているジムも多くなっています。
パーソナルトレーナーは男性というイメージが強い傾向にはありますが、
今後さらに女性のパーソナルトレーナーの活躍の場が広がっていく可能性が大いにあります。
未経験からでもスタートできるパーソナルトレーナー求人も多いので、ぜひチャレンジしてみませんか?

スポーツ求人ナビの専門スタッフはフィットネス関連の知識も豊富で、経験に応じて手厚くサポートしており、
未経験の方や経験者の方にとってよりマッチした求人を提供しています。
私たちとともに、パーソナルトレーナーという職へ転職してみませんか?

【関連コラムはこちら】

東京都のパーソナルトレーナー求人

未経験からのパーソナルトレーナーへの道