ga('set', 'dimension1', dimensionValue);
2017年11月22日
【コラム】初心者のためのプロテインの選び方

体作りのため、ダイエットのため、美容のため、プロテインが良さそうというのは何となくお分かりかと思いますが、いざ購入するとなると種類が多くて何を選んでいいのか分からないですよね。
今回はそんなプロテイン初心者のために、どんなプロテインの種類があって、どんな風に選んだらよいのかをまとめてみました。

 

プロテインの種類

 

まず大きく違うのは、原材料の種類です。プロテインは牛乳を原料とするホエイプロテイン、カゼインプロテイン、また大豆を原料とするソイプロテインの3つに分類されます。それぞれの違いを見てみましょう。

 

ホエイプロテイン

・原料 牛乳
・溶けやすさ 溶けやすい
・消化吸収 早い
・味 飲みやすい
・持続時間 短い

 

最も一般的なプロテインです。ヨーグルトの上澄みのことをホエイ(乳清)と言いますが、そのホエイに含まれるタンパク質から出来ています。トレーニング後に効率的に筋肉の回復を促すためには素早くタンパク質を補給することが必要です。

ホエイプロテインは消化吸収がスムーズなことから、強靭な体を作りたい方、トレーニング目的の方におすすめのプロテインです。また、筋肉成分であるアミノ酸を多く含んでいることから筋肉修復効果が期待されます。

 

カゼインプロテイン

・原料 牛乳
・溶けやすさ やや溶けやすい
・消化吸収 ゆっくり
・味 やや飲みやすい
・持続時間 長い

 

ホエイプロテインと原材料は同じ牛乳ですが、製法が異なります。水溶性のホエイプロテインに比べカゼインプロテインは不溶性のため消化に時間がかかり、体内に長時間に渡り栄養が補給され続けます。

ダイエット中の間食や、トレーニングの休息日、就寝前におすすめです。ホエイプロテインとのブレンド商品も多く売られています。

 

ソイプロテイン

・原料 大豆
・溶けやすさ 溶けにくい
・消化吸収 ゆっくり
・味 比較的劣る
・持続時間 長い

 

大豆のタンパク質成分から出来ています。消化吸収がゆっくりで満腹感が持続するためダイエット目的の方や、健康維持を目的とした方におすすめです。

また大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため美容目的で飲んでいる方も多いです。ただ溶けにくいため粉っぽくなってしまうことや味自体があまり良くはないので、そこは美容や健康のためと割り切って飲むことをおすすめします。

 

 

選び方まとめ

 

・トレーニング、筋肉アップが目的⇒ホエイプロテインがおすすめ
・ダイエット目的、トレーニング休息日の間食⇒カゼインプロテインがおすすめ
・ダイエット・美容目的⇒ソイプロテイン

 

いかがでしょうか。目的によって適したプロテインは違うんですね。価格やメーカーも様々ですが、まずは目的に合ったプロテインを安価なものから取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

【関連コラムはこちら】

最新のフィットネスクラブ動向

最新のフィットネスクラブ動向Ⅱ

スイミングで得られる多様なメリットとは

 

 

【インストラクターのお仕事をお探しの方、お気軽にご相談ください!】
ご相談事項入力フォーム
https://lp.inthezone.co.jp/#mail_form

お電話によるお問い合わせ
℡ 03-5614-0260